アフターケア

アフターケア

アフターケア
1.お使いになる前に

商品が届いたら、まずは一度、日に干してからお使いください。 梱包によって商品がつぶれたりシワがついたりしていることがありますが、日に当てて干すことによってかさが戻りふっくらとします。これは、中綿がたくさんの空気を含んでふくらむことで、ふとん・座ふとんに張りが出てシワがのびるためです。なお、まれにふとん袋のにおいが移ることがありますが、日に干していただくことでそのにおいも取れます。

2.干し方について

清潔に心地よくお使いいただくために、できるだけ週に1~2度ほど、日に当てて干してください。天日干しに最適な時間帯は、湿気のすくない午前10時~午後3時頃です。全体が日に当たるように、両面を干してください。片面を2時間ずつが目安です。天日干しした後は、かるく掃除機をかけていただくと、表面についたほこりや花粉なども吸い取ることができます。 ※側生地や中綿を傷める恐れがありますので、ふとん叩きで強く叩くことはお控えください。※天日干しが難しい場合は、ふとん乾燥機をお使いいただいてもかまいません。

※側生地や中綿を傷める恐れがありますので、ふとん叩きで強く叩くことはお控えください。

※天日干しが難しい場合は、ふとん乾燥機をお使いいただいてもかまいません。

※ふとんは、側生地の色落ち・傷みを防ぐため、ふとんカバーをつけたまま干していただくことをおすすめします。

3.洗い方について

側生地が部分的に汚れた場合は、つまみ洗いをして十分に乾燥させてください。どうしても汚れが気になる場合は、ふとん専門店またはクリーニング専門店にご依頼ください。

4.収納と保管の仕方について

湿気の少ない通気性のよい場所で保管してください。また、しばらくお使いにならない場合は、日に当てて干して十分乾燥させてから、湿気のすくない場所で保管してください。カバーを掛けてお使いの場合は、カバーをはずして保管してください。ダニやカビを防ぐため、使わない間でも、ときどきは天日干しをして乾燥させてください。

ふとんがくたびれてきたら…… わたを再生させる「打ち直し」について

湿気の少ない通気性のよい場所で保管してください。また、しばらくお使いにならない場合は、日に当てて干して十分乾燥させてから、湿気のすくない場所で保管してください。カバーを掛けてお使いの場合は、カバーをはずして保管してください。ダニやカビを防ぐため、使わない間でも、ときどきは天日干しをして乾燥させてください。

  1. 新品のようにふかふかになります
  2. 汗を吸う力(吸水・吸湿性)やあたたかさ(保温性)が高まります
  3. ふとんの中に閉じ込められたダニやほこりも取り除きます

※おたふくわたでは、打ち直しのオーダーを承っています。お気軽にお問い合わせください。

※打ち直しの回数は、わたの状態にもよりますが、2~3回を限度にお考えください。

  • PRODUCT
  • ふとん
  • 座ふとん
  • ベビー・キッズ
  • 雑貨
  • 巻きわた
  • 9代目の企画室
  • COLMUN
  • わたとふとんの基本のき
  • アレルギーとわたのふとん
  • 子どもとわたのふとん
  • 打ち直してながく使う
  • おたふくわた復活プロジェクト
  • 九代目のひとりごと
  • 九代目言聞録

リンク集

ご希望の方は、メールアドレスを入力して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ